丈夫診療(がん検診)に行ってきましたよ。

某銀行で勧められて、検査保険を掛け捨てから貯えフォルムに差しかえることにしました。
新たに申し込んだ貯えフォルムの審査が通ったので、掛け投げ棄ての人を解除しようとして、たまたま、今只今何か病魔があったら、せっかく今まで掛けてきた保険がもったいないなぁと見なし、健康診査でも受けて、何もなかったら解除しようかなと思い、地域の保健所で定期的に行っているがん検診に申し込みました。
市内に住む第三者ならだれでももらえるという(カテゴリー確定あり)もので、価格も一部分500円とかなので、抵抗なく受けられます。
わたしは、胃がん・大腸がん・乳がん・子宮頸がん・肺がんの5つを受けました。
乳がん(マンモグラフィー)が1800円と高かったのですが、ほかは1スポット500円で、全部で3800円でした。
即日は、血圧を測り問診を受けて、それぞれが乗り越える検診の列に並びます。
層はばらばらでしたが、割高の第三者が手広く(わたしは割高)落ち着いた雰囲気で進んでいきます。
ところで、わたしは乳がん検診は3年齢振りなのですが、保健所では2年齢に一回は検診を受けましょうという掲示などが貼ってあります。
やっぱり、女医さんに「3年齢振りですけど、2年齢に一回は受けてほしいですね、こういう年間は忙しかったの?」などと言われながら触診されました。
「いや〜直ぐに過ぎちゃって〜」などと言い訳しながら情緒、え〜こんなこと仰るんだ〜と思ったりしました。
しかしこれから考えると、無言で触診されるより、こんな風に会話しながらのほうが、よかったなと思い直しました。
さて、ずっと検診を受けて、最後は胃がん検診だ。
並んでフローを迎えると、背部に並んでいるご女が話しかけてきて、「わたし、子宮がんと乳がんで引っかかっちゃった」というではありませんか。
おや、と思い「その場で仰るんですか?」ときくと、「病棟を紹介しますと言われたんです」と。
紹介された病棟は、この地域では割と大きな病棟でした。
検診の結果は、1か月下くらいに実家へ郵便と聞いていたので、その場で収益を仰ることにまだまだ衝撃を憶えましたけれど、しかし悪い部分が見えているのに言わずに1か月下というのも、初期採掘の意味がないよな、と納得しました。
しかし実際誠にいっていいかわからないでいると、ご女が、少しだけご自身のことを話してくれました。
ギャルが3第三者いて、ただ今長女さんが男子(お孫さん)を産んだそうです。
お子さんしかいなかったこういうごアベックは、初めての男子で困難喜んだとか。
その矢先に、と広告を詰まらせました。
そこでわたしは、「わたしは40歳でお子さんを分娩しましたので、お子さんは此度5歳だ。だから絶対に死ねないんです!」と言いました。
全然慰めになってないと自分でも思いましたが、ご女はちょこっと笑顔で、「そんなふうにね、はたしてそうね」とつぶやきました。
以後、検診のフローが来て、そのご女子とはこれきりでしたが、検査保険の掛け替えとかそんなことがなくても、健康診査はマメに受けたほうがいいなと、お子さんのためにも思いました。ミュゼ ひざ上